Loading

Blue Moment

千住博展

高野山金剛峯寺 襖絵完成記念
千住博展
〜日本の美を極め、世界の美を拓く〜

横浜そごう美術館で開催されていた千住博さんの個展では、 神秘的なブルーのウォーターフォールを観ることができました。 世界遺産・高野山金剛峯寺に奉納される 襖絵と床の間からなる障壁画 《瀧図》と《断崖図》。 そして、2015年ヴェネチア・ビエンナーレで 特別展示された《龍神》も展示されていました。 『水が流れたら、流れた形そのものに美を見出しなさい』 《断崖図》は、和紙を揉み、岩絵具の流れによって描かれたそうですが、 とにかくすごい迫力でした。 間近で観ることができて本当に良かった作品です。 千住博さんのウォターフォールとの絵の出会いは、 何年か前に、山種美術館で「水」をテーマに開催されていた展覧会でした。 ひときわ大きなウォターフォールは、まさに本物の滝さながらの迫力があり、 あまりに美しくて、あまり大きく、あまりの迫力に、 その場から動けなくなってしまい、 30分以上はその絵をずっと見ていたと思います。 それくらい惹きつけられた絵でした。 それから千住さんにハマってしまい、 彼の書いた本もいろいろ読みました。 中でも、『絵を描く悦び』はとても学ぶことが多く、 彼の人生や哲学が書かれていて、すごくいい本です。

東山魁夷

Pénétrable BBL Bleu

関連記事

  1. イヴ・クライン

    2020.02.08
  2. Quantum Blueの世界

    2020.03.03
  3. ルーシー・リー

    2020.02.06
  4. Pénétrable BBL Bleu

    2020.01.08
  5. 東山魁夷

    2020.01.06
PAGE TOP