Loading

Blue Moment

イヴ・クライン

イブ・クラインはフランス・ニース生まれ。
ニースの海岸で見た空の色であるとともに、
宇宙の根源的なエネルギーに通ずる色である「青」を理想とし、
オリジナルのブルーを染料を作り出します。

それが「インターナショナル・クライン・ブルー」

1957年にミラノで開催された個展で、オリジナルのブルーの染料を使用した
絵画作品群を発表し、一躍脚光を浴びた人です。

私が彼のブルーと出会ったのは、
東京駅にある東大の博物館 インターメディアテクで
「インターナショナル・クライン・ブルー」の顔料が展示されていたからです。

真っ青なブルーはほんとうに美しく、
そのあとで彼のことを調べたら、Blue一色で作品を作って発表している、
他に見ないアーティストでした。

ちなみにそのクライン・ブルーの顔料は、
渋谷にあるウエマツ画材店で売っていて、
私も持っています。

鈴木麻起子

bluehour

関連記事

  1. Quantum Blueの世界

    2020.03.03
  2. 千住博展

    2020.01.07
  3. 東山魁夷

    2020.01.06
  4. ルーシー・リー

    2020.02.06
  5. Pénétrable BBL Bleu

    2020.01.08
PAGE TOP