Loading

Blue Moment

夏を映す 青と白 磁器とガラスの二人展

西荻窪で開催されている

夏を映す
青と白
磁器とガラスの
2人展

の最終日へお伺いしました。

ギャラリー蚕室さんの白い空間に、
さまざまな青と白の、ガラスと磁器の器や花瓶などがありました。

特にガラスは微妙な色合いのブルーが様々に折り重なっていて
美しいハーモニーを奏でていました。

磁器もトルコブルーがすごく涼やかで、見ていてとても気持ちがいい。

ブルーのロングワンピースでお伺いしたので、
オーナーさんからは、
「ブルーのドレスコードでようこそ!」と声をかけていただきました。

ブルーが好きというお話をしたら、
「ブルーにアンテナが立ってるんでしょう」と言われて、まさにその通り!

昔から、青を求めて、西へ東へ、旅しているようなものです。
もちろん、青だけではなく、素敵なもの、美しいものにも、
磁石のように惹きつけられて、あちこち足を運んでいます。

オーナーさんは、ガラスの様々なブルーの模様の作り方などを
いろいろお話してくださり、
二人の作家の素晴らしさを、器を見ながら実感し、納得し。

どれもこれも秀逸で、迷いに迷った末に、
一番使いやすそうで、一番出番の多そうな、
トルコブルーの平皿を選びました。

オーナーさん曰く、
「ブルーばかりでどうかな、と思って、ほかの色も混ぜていいわよ、なんて言ってたんだけど、2人ともそれぞれに、いろんな表情のブルーを作ってくれて、すごく素敵よね」と。

「これは、マンダラみたいな宇宙のようなブルーなのよ」

なんていうお皿もあったりして。

女性らしい繊細さと美しさが織り込まれた器たちでした。
今日が最終日ということで、展示会に行けてよかったです。

家に帰って、さっそく葡萄を盛っていただきました。
器も、日常を素敵に彩ってくれますね。

大量生産のプロダクトも、もちろん悪くはないけれど、
作家さんがひとつ一つ創り上げたものは、また特別な気がします。

ブルーのものなら、私にとってはなおさらスペシャルなものです。

青いランニングシューズ

湯河原リトリート①

関連記事

  1. VENT DE LUDO 尾山台店

    2020.03.06
  2. 青いランニングシューズ

    2020.07.07
  3. Blue Nail

    2020.02.13
  4. Ristorante AO

    2020.08.15
  5. 鈴木麻起子

    2020.02.07
  6. 九谷焼 故三代目徳田八十吉

    2020.02.05
PAGE TOP