Loading

Blue Moment

九谷焼 故三代目徳田八十吉

焼き物で「青」が素晴らしいのは、
九谷焼 人間国宝 故三代目 徳田八十吉さんの作品です。

まるで宇宙を表現したかのような、
ブルーが本当に美しい作品です。

私は、2011年に横浜のそごう美術館で開催された
「追悼人間国宝 三代徳田八十吉展」で拝見しました。

色の濃淡と温度調整から生まれる炎の芸術。
伝統ある九谷焼に新たな表現を確立した、
重要無形文化財「彩釉(さいゆう)磁器」保持者(人間国宝)の
功績を伝える「追悼人間国宝 三代徳田八十吉展」

没後初の回顧展でした。

三代徳田八十吉さんは、1933年に石川県小松市の九谷焼窯元に生まれ、
人間国宝の祖父・初代八十吉から古九谷彩釉を、
父・二代八十吉からは現代陶芸を学びました。
九谷焼の伝統色絵から脱却して紺、紫、緑、黄の4彩を組み合わせて数百の色を作り出し、
グラデーションによる彩釉磁器の焼成に成功。
独自技法は「耀彩(ようさい)」と呼ばれ、
2009年に75歳で死亡するまで、新作の創作を試み続けたそうです。

会場では、海に昇る太陽の光りを表現した「黎明(れいめい)」など
代表作約70点をオープン展示。
展示台に並ぶ色鮮やかな作品をさまざまな角度から鑑賞できる。
江戸初期の古九谷や初代八十吉の作品も紹介しており、釉薬による色彩芸術の変遷がたどれる展示でした。

その中でもとにかく、ブルーの壺や大皿が美しく、目を惹かれました。
焼き物で、こんなに美しい色が出せるなんて、神業としか思えず、
ただただ、その美しさに心が奪われた時間でした。

Pénétrable BBL Bleu

ルーシー・リー

関連記事

  1. Ristorante AO

    2020.08.15
  2. VENT DE LUDO 尾山台店

    2020.03.06
  3. 夏を映す 青と白 磁器とガラスの二人展

    2020.07.13
  4. 青いランニングシューズ

    2020.07.07
  5. Blue Nail

    2020.02.13
  6. 鈴木麻起子

    2020.02.07
PAGE TOP