Loading

Blue Moment

青いランニングシューズ

こないだ久しぶりにマラソンをしました。

以前は神田のランニングスポットまで行き、皇居の周りを走っていましたが、コロナの影響でそこも一時期休業。
コロナの自粛期間は、家の周辺をランニングコースにして、気が向いた時にときどき走っていました。

自粛が開け、世の中が再開してから、ずっと走っていなくて久しぶりのラン。
まだ梅雨時ですが、曇り空の中、風が気持ちよく吹いていたので、この風の中を走ったら気持ち良さそうだなぁと考えて、久しぶりにランニングシューズを履き、スタート!

時間は夜の21時を回ったところ。
朝や昼間に走らないのは、紫外線が気になることと、夜なら走って疲れた後、お風呂に入ってすぐに寝てしまえるし、夜は暗いのであまり人目も気にせず走れるので、いつも夜に走っています。

風が心地いい中で走り始めたところ、次第に少〜し弱い雨がポツポツと降り始め、まぁまだこの程度なら大丈夫、といった感じで走っていたのですが、だんだんと雨が本格的な降り方になってきました。

途中、2つ隣りの駅の横を通り抜けるのですが、何せ身一つで出てきているので、お金もスマホもないので、雨が本降りになったからといって、電車に乗れるわけでもなく。(乗ろうとも思わなかったけど)

そこを通り過ぎてさらに走っていると、ザーザー降りの雨になってきて、周りの人から見たら、「なんでこの人こんな雨のなか走っているんだろう?」と不思議になるくらいの本格的な雨降り。
でも、もう電車の地点も通り過ぎ、バス停もなく、あとはひたすらゴールまで走るしかありません。
一度、走り始めたら、とにかく走り続けるしかない。

キャップを被っていたのと、エアパーカーにもフードがついていたので、それを二重に被り、顔はなんとか雨をしのげましたが、体はびしょ濡れ。

それでも、ひたすら走る。走る。走る。

途中で屋根付きファミレスの駐車場もあったので、ひとまず雨宿りという手もありましたが、そこで立ち止まらずに、とにかく走る。走る。走る。

ペースはぜんぜん落ちないで、むしろいつもより早かったかもしれない。
走り続けていたら、次第に雨が小雨になってきて、ついには止みました。

なんだか本当に、マラソンは人生のようです。
一度走り始めたら、とにかく前に進むしかない。
問題が起ころうが、壁が立ちはだかろうが、嵐が来ようが、それでも体当たりでひたすら前に進むしかない。
でも、やまない雨はないように、次第にすべてが通り過ぎていく。
雨は止んで星空に・・・というわけにはいかなかったけれど、雨は上がり、濡れた空気の中を駆け抜けていく。

また雨の中を走りたいとは思わないけれど、でも貴重な経験としての 夜・雨・ランでした。

走り始めたら、前に進むしかない。
そして止まない雨はない。
そのことを身をもって体験する。
青いランニングシューズと共に。

青い洋服展のこと

夏を映す 青と白 磁器とガラスの二人展

関連記事

  1. 鈴木麻起子

    2020.02.07
  2. Ristorante AO

    2020.08.15
  3. Blue Nail

    2020.02.13
  4. 夏を映す 青と白 磁器とガラスの二人展

    2020.07.13
  5. VENT DE LUDO 尾山台店

    2020.03.06
  6. 九谷焼 故三代目徳田八十吉

    2020.02.05
PAGE TOP